話題の人物

【画像】フランツバグナーの経歴まとめ!身長206cm超えのイケメンだった?

FIBAバスケットボールワールドカップ2023が8月25日に開催されます。

4年に1度の大舞台ということもあり、「今から楽しみー!」と思う人も多いと思います。

 

そして、一回戦の日本の対戦国は、ドイツなんですが、とてもイケメンでひときわ大柄な選手、フランツ・バグナーという選手がいるのを知っていますか?

 

今回は、フランツ・バグナーという選手の経歴やプレイスタイルなどについてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

フランツ・バグナーの経歴・プロフィール

  • フルネーム:フランツ・ヴァルター・バグナー(Franz Walter Wagner)
  • 年齢:22歳
  • 生年月日:2001年8月27日
  • 出身地:ベルリン, ドイツ
  • 身長:約6フィート9インチ(約206センチメートル)
  • 体重:220ポンド(約100キログラム)
  • ポジション:SF(スモールフォワード)
  • 所属チームNBAの『オーランド・マジック』

フランツ・バグナー身長2メートル超えのイケメン

フランツ・バグナーの身長って206cmもあるんですね。

これは意外と知らない人も多いかも知れません。

2023年8月27日時点でまだ22歳。まだまだ若いので伸びしろしかないでしょう。

 

しかも画像を見るとかなりのイケメンです。。。

とてもきれいな顔立ちをしているのがわかります。

女性ファンも多いのではないでしょうか・・・?

これからまだまだ人気が出そうな選手ですね。

 

スポンサーリンク

フランツ・バグナーの経歴は

フランツ・バグナーは、ドイツ出身のプロバスケットボール選手であり、将来有望な期待のルーキーとして注目を集めています。

以下に彼の経歴を時系列でまとめてみましょう。

 

生い立ちと家族

2001年8月27日、ベルリンで生まれる。

フランツ・バグナーはバスケットボール一家で、父ヴォルフガングは元バスケットボール選手、兄のモー・ワグナーもバスケットボール選手として活動。

家族の影響を受けてバスケットボールに親しむようになる。

大学キャリア

2019年、ミシガン大学に進学し、カレッジバスケットボールでプレーを始める。

大学1年目からスターターとして活躍し、ディフェンスとオフェンスの両面で注目を集める。

2020-2021シーズン

ミシガン大学でのプレーが評価され、2021年のNBAドラフトにアーリーエントリーを宣言。

ドラフト予測サイトで高い評価を受け、NBAへの進出が期待される。

NBA入り

2021年のNBAドラフトで、オーランド・マジックから1巡目全体8位で指名される。

ドイツ出身選手としては高い指名順位であり、注目を浴びる存在となる。

プロデビュー

2021年のNBAプレシーズンでプロデビューを果たす。

ディフェンススキルやシューティングの幅広さをアピールし、新人選手として期待される。

将来展望

フランツ・バグナーは、バスケットボールIQやバーサタイルなスキルを持ち、将来的な成長が期待されている。

チームの中核選手として、ディフェンス力やオフェンスの貢献度を高めていくことが期待されている。

 

フランツ・バグナーは、バスケットボール一家の出身としてバスケットボールの素質を受け継ぎ、大学からプロへのステップを踏みつつ、その才能を発揮している若手選手の一人です。

 

スポンサーリンク

フランツ・バグナーのプレースタイルとスキルについて

フランツは身長6フィート9インチ(約206cm)という長身を活かして、ウィングプレーヤーとして幅広いポジションでプレーできる能力を持っています。

 

ディフェンスにおいては、適切なポジショニングとリーチの長さを活かして相手プレーヤーのシュートやパスを妨害します。

複数のポジションに対応できるディフェンス力は、チームの防御を強化します。

 

オフェンスでは、スリーポイントシュートの確度が高く、ドライブからの得点やアシストもこなすなど、多岐にわたるスキルを持っています。ボールをコート中央から動かすプレーも得意としています。

 

スポンサーリンク

まとめ

フランツ・バグナーは、家族の影響を受けながらも独自のスキルとポテンシャルを持つ選手として、バスケットボール界で注目を浴び続けています。

バスケットボールIQも高く、卓越したスキルがあることが、NBAでの活躍が期待されていて、これからが上に楽しみな選手です。

 

FIBAバスケットボールワールドカップで、フランツ・バグナーはどんな活躍を見せてくれるのか?

楽しみですね。

スポンサーリンク

-話題の人物