話題の人物

【動画】埜口遥希は二輪免許を持っていなかった!死因は頭部の損傷?

バイクのロードレーサーとして活躍していた、埜口遥希(のぐちはるき)さんが死去されたことが報じられました。

インドネシアで開催されたアジアロードレースで多重クラッシュが発生。

その事故に巻き込まれ、現地の病院に搬送され治療を受けましたが、後に亡くなられてしまいました。

埜口遥希さんの死因はなんだったのか?

また免許を持っていないという噂もあるのでまとめてみました。

 

埜口遥希は二輪免許を取得していない

埜口遥希さんは、ロードレーサーではありますが、実は二輪免許を持っていなかったそうです。

 6月に22歳になる埜口選手は、現在、大学4年生。意外にもプライベートではバイクに乗らず、二輪免許も持っていないという。

 「チームからは取ってくれといわれているのですが、なかなか取りにいけなくて。でも、バイクは一番の趣味ですね。練習で使っているCBR250をいじったりするのが好きなんです」

引用元:TVガイドWEB

 

免許は持ってないですが、バイクのことは心から愛していたようですね。

埜口遥希さんは22歳。まだまだこれからだというのに、今回の事故は本当に残念に思います。

 

ちなみに、埜口遥希が免許を持っていなかったことと、クラッシュ事故は全く関係ありません。

 

なぜなら埜口遥希さんは、5歳からキッズバイクに乗っていて、幼いころからミニバイクレースや地方大会に出場しているからです。

 

ほかにも、

2017年からは若手ライダーの登竜門となる「イデミツ・アジア・タレント・カップ」に参戦し、2年連ランキング2位。

2019年には「レッドブル・ルーキーズカップ」にライキング3位。

2020年や全日本ロードレース選手権に参戦し2021年にはチャンピオンになり2022年以降も大会で上位のランキングに入賞しています。

 

子供のころからキッズバイクに触れてきため、キャリアが豊富なんです。

 

「普段からサーキットでバイクを乗っているから、プライベートでは乗らなくてもいいかな。免許も後でいいかな。」

くらいの感覚だったのかもしれませんね。

 

埜口遥希の死因は頭部損傷?

埜口遥希さんの死因についてですが、詳しくは明かされていません。

 

ただ、レース中に多重クラッシュした際に、頭を強く打って重症を負ったようです。

それが、致命傷になってしまったのではないでしょうか?

 

人間少し骨が折れたくらいでは死にませんが、頭を強く打つと結構簡単に死んでしまいます。

脳組織そのものが破壊されてしまうからです。

 

死に至った原因は、頭部への損傷が一番濃厚かと思います。

 

多重クラッシュの事故の動画

今回のクラッシュ事故の動画を調べてみましたが、非公開になっていました。

しかし、事故の様子が一部だけ確認できる動画がTwitterに投稿されていました。

 

 

 

事故の様子を整理すると、埜口遥希さんを含む2台のバイクが転倒して、後続のバイクもそれに続いて衝突したそうです。

レース中なので、避けることができなかったのでしょう。

 

22歳なので、これからまだまだ活躍できたはずです。

表彰台に上がっている埜口さんのとても笑顔でした、

本当に残念でなりません。

-話題の人物