話題の人物

黒川あかねの声優がすごい!石見舞菜香があかね役に抜擢された4つの理由

今年の春アニメ「推しの子」が社会現象レベルで話題となりましたね!

 

既にアニメ2期の制作が決まっていて、今後もまだまだ盛り上がっていくことでしょう。

 

1期で注目だったポイントの1つは、黒川あかねがアイを演じたシーンです。

「完全にアイじゃん・・・」「声優さん演技が凄すぎる・・・」とTwitterでトレンド入りするほど多くの人が胸を打たれました。

 

そんな、推しの子の重要キャラ・黒川あかねを演じた声優は、石見舞菜香さんです。

 

今回は、

  • 石見舞菜香さんが黒川あかね役に選ばれた理由

ついてまとめていきます。

こちらもCHECK

【推しの子】インターネットウミムシって何?アクアと有馬かなが読む謎の本とは?

大人気アニメ「推しの子」の第9話に謎の本が登場しました。   謎の本とは『よくわかるインターネットウミムシ』というよくわからないがインパクトが強い本のことです。   アクアと有馬か ...

続きを見る

 

【声優】石見舞菜香のプロフィール

石見舞菜香さんのプロフィール

  • 名前:石見 舞菜香(いわみ まなか)
  • 出身地:埼玉県
  • 生年月日:1998年4月30日(25歳)
  • 身長:158cm
  • 趣味:散歩、読書
  • 特技:チューバ、耳を動かすこと
  • 事務所:プロフィット ➙ ラクーンドッグ
  • 受賞歴:2019年第十三回声優アワードにて「新人女優賞」受賞。

石見舞菜香さんは、ゆるふわで落ち着きのある癒し系ボイスです。

声優で例えるなら、花澤香菜さんや上田麗奈さんのような性質の持ち主だと思っています。

 

石見舞菜香さんは黒川あかねのような、線の細い少女を演じることが多いですが、男の子役を演じることができるため、こらから役の幅が広がっていくと思います。

 

石見舞菜香さんが声優という職業を知ったのは中学生の頃『デュラララ!!』というアニメを観たことがきっかけ。

 

その後、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』で茅野愛衣さんが演じる本間芽衣子に魅了され、「声で人の心を動かせるようになりたい」と思い、声優を志したとのことです。

 

声優は主に声をメインとして演技をする仕事。

 

でも演技以前、滑舌が悪いことで悩んでいたため、他人よりも早く声優の勉強を始めないとプロにはなれないと思い、父親の説得して声優の養成所通うことができたそう。

 

その後、2018年劇場アニメ『さよならの朝に約束の花をかざろう』でマキア役でキャリア初主演を飾り、2019年に第13回、声優アワードにて新人女優賞を受賞しました。

 

なぜ、黒川あかね役に選ばれた理由が凄すぎた!

なぜ、石見舞菜香さんは黒川あかね役に抜擢されたのか?

  • 星野アイの声真似ができるかどうか
  • 黒川あかねの繊細さを出せるか
  • シンプルに声の芝居が黒川あかねに合っていた
  • 星野アイ演じる「高橋李依さん」と黒川あかねさん演じる「石見舞菜香さん」は同じ曲をカバーしてる。

黒川あかね役に選ばれた理由1:星野アイの声真似ができるかどうか

推しの子という作品において、黒川あかねが星野アイを演じるシーンはとても重要なところです。

 

星野アイを演じたのは高橋李依さんですが、「星野アイ=高橋李依」の演じることができるか、声真似をできるかどうか?

が黒川あかねというキャラをやる上で一番重要なポイントとなってきます。

 

そして、石見舞菜香さんはこの難易度が高い演技を完璧にやってのけました。

アニメではまるで高橋李依さんの声であかねを演じているようで観ている人は、驚かされたと思います。

 

アイに豹変したあかねを演じた際、石見舞菜香さんは、星野アイ演じる高橋李依さんの1話のデータを貰って家で何回も聞きながら、「どう演じるか?」模索したそう。

 

アイを演じた黒川あかねは、独特の喋り方、声質、雰囲気まで全てが星野アイでした。

SNSでも称賛の声が多かったです。

 

黒川あかねを演じる声優を選ぶ際、「星野アイ=高橋李依」ができる能力を求められた可能性が高いです。

 

そして、それができたのが石見舞菜香さんだったのではないでしょうか?

 

黒川あかね役に選ばれた理由2:黒川あかねの繊細さを出せるか

「推しの子」で黒川あかねが登場するシーンは、恋愛リアリティーショー編からです。

 

恋愛リアリティーショーでは、なかなか目立つことができず思い詰めてしまい苦労していました。

 

黒川あかねは、真面目過ぎるが故に自分で自分を追い詰めてしまう繊細なキャラなのです。

 

この繊細さを出せるかどうかが、声優を選ぶ上で大事になったと思います。

 

実際、石見舞菜香さんのゆるやかだけど一本芯が通ってるような声は、あかねにぴったりでした。

 

黒川あかね、自殺未遂を起こしてしまいますが、周りの助けもあり復活。

アニメでは1期では、描かれませんでしたが、その後アクアや有馬かなと2.5次元舞台で共演し、よりいきいきとしたタフな女優となっていきます。

 

これは、アニメ「推しの子」の1期と2期のビジュアルを比べて見るとわかります。

・第1期

 

・第2期

今後の2期で、成長した黒川あかねを演じられるかどうかもオーディションの基準になったのかもしれません。

 

黒川あかね役に選ばれた理由3:シンプルに声の芝居が黒川あかねに合っていた

石見舞菜香さんの声がシンプルに黒川あかねというキャラにあっていたら、抜擢されたのでしょう。

 

石見舞菜香さんの性質からもピッタリでしたし、ナチュナルに演じられていたのと思います。

 

ちなみに、ルビー役が伊駒ゆりえさんに決まった時は、「ほぼ満場一致」で決まったそう。

 

石見舞菜香さんは自分が選べるとは思っていなかったそうですが、とてもあかねにマッチした演技をしたので、石見舞菜香さんが選ばれたのは必然だったと思います。

 

黒川あかね役に選ばれた理由4:アイ(CV:高橋李依)とあかね(CV:石見舞菜香)は同じ曲をカバーしてる。

実は、星野アイ演じる「高橋李依さん」と黒川あかねさん演じる「石見舞菜香さん」は同じ曲をカバーしているんです。

 

全然違うアニメ作品ではありますが、

  • 高橋李依さんは、「からかい上手の高木さん」高木さん役
  • 石見舞菜香さんは、「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件」椎名真昼役

「愛唄」、「小さな恋のうた」をキャラソンとしてカバーしています。

これ意外と知らない人が多いです。

 

愛唄

高木さん(CV:高橋李依)

椎名真昼(CV:石見舞菜香)

小さな恋のうた

高木さん(CV:高橋李依)

椎名真昼(CV:石見舞菜香)

 

曲を聞いて見ると二人の声質はかなり似通っています。

 

オーディションの審査をした人が、高橋李依さんと石見舞菜香さんが同じ曲をカバーしていることを知っていて、「石見舞菜香さんならアイの声真似ができるかも」と思ったのかもしれません。

 

石見舞菜香の代表作とキャラクター

石見舞菜香さんが演じたキャラクターと代表作品について軽くまとめていきます。

 

『お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件』・椎名真昼役

椎名真昼はとにかくかわいいキャラ。

可愛らしい隣人との尊さ最上級のラブコメです。

 

『ウマ娘』・ライスシャワー役

ライスシャワーは周りの不幸を自分のせいだと思い込み、臆病で弱気な性格です。

どこか黒川あかねに似ているかも。

 

『鬼滅の刃』・ちゅんたろう役

善逸の相棒である雀のチュン太郎です。

基本「チュン、チュン」という鳴き声だけですが、一応人の言葉がわかります。

 

雀の鳴き声だけで、喜怒哀楽を表現するのはすごく難しそうです。

まとめ

石見舞菜香さんが黒川あかね役に選ばれた理由についてまとめてみました。

 

推しの子第7話で、あかねがアイを演じたシーンはすごかったですよね。

鳥肌がたちました。

 

あまりにもアイに似すぎて、あかねの声優が入れ替わったと思った人もいたらしいです。

 

石見舞菜香さんの演技力に脱帽していまいました。

石見舞菜香さんは今後もいろんな役を演じていくことでしょう。

今後の声優活動に期待です。

こちらもCHECK

【推しの子】インターネットウミムシって何?アクアと有馬かなが読む謎の本とは?

大人気アニメ「推しの子」の第9話に謎の本が登場しました。   謎の本とは『よくわかるインターネットウミムシ』というよくわからないがインパクトが強い本のことです。   アクアと有馬か ...

続きを見る

-話題の人物