話題の人物

日本で活躍する韓国アイドル男性まとめ!日本語は上手?

日本のエンタメ業界は多様性と広範な影響力で知られています。その中でも特に注目を集めているのが、韓国出身のアイドルたちです。彼らはその才能と魅力で日本のファンを惹きつけ、日本語の習得にも努力を重ねています。この記事では、日本で活躍する韓国の男性アイドルを紹介します。

日本人もビックリ!日本語が堪能な韓国アイドルの男性たち

日本で活躍している韓国アイドル男性の中には、日本語を流暢に話す人も多くいます。彼らは日本のファンとのコミュニケーションを大切にし、日本語の勉強にも力を入れているようです。例えば、東方神起のメンバーは日本での活動を始める前に日本に住んで日本語を学び、iKONのジナンやジュネは日本の番組で通訳なしで話すことができるほどです。

①심창민(シン・チャンミン)

「東方神起」のチャンミンは、2005年の日本進出以来、15年以上にわたりトップアイドルとしての地位を保持しています。彼は日本で広く知られており、その日本語の達者さは特筆すべきです。バラエティ番組「HEY!HEY!HEY!」に出演した際には、その流暢な日本語で視聴者を楽しませ、お笑いコンビ「ダウンタウン」からもその言葉遣いを称賛されるほどです。

②윤호(ユンホ)

2012年、パゴダ語学院が主催する「最も日本語が堪能な韓流スター」の評価で、東方神起のユンホが第一位に輝きました。彼の日本語は日本人のように自然で、文法的な誤りもほとんどありません。さらに、韓国で開催されたコンサートでは、韓国語だけでなく、日本語、中国語、タイ語、英語といった多言語でファンに挨拶し、その多才な言語能力を披露しています。

③김기범(キム・キボム)

SHINeeのラップを担当するKeyは、その卓越した日本語能力でファンを驚かせています。彼は2011年の日本デビュー前から日本語の勉強を始め、メンバーからもその速習ぶりを「神童」と称賛されるほどでした。

④김진환(キム・ジンファン)

「iKON」のジナンは、グループ内で一番日本語が上手な事でも知られています。彼は練習生の頃から日本語に励んでおり、多くの日本人との会話を通じて語学力を高めることが上達の秘訣だと語っています。

⑤구준회(ク・ジュンフェ)

iKONのジュネは、F.A.E.Pのインタビューで自身の日本語の勉強について語っていました。彼は毎朝8時に起床し、日々3時間の勉強を欠かさず、スタッフとのコミュニケーションも日本語で行うよう努めていたといいます。また、同じグループのジナンが優れたロールモデルとなり、彼の日本語能力の向上に大きく貢献していると言えるでしょう。

⑥김민규(キム・ミンギュ)

2015年に韓国でデビューし、2018年5月には日本市場に進出した「SEVENTEEN」は、日本での人気も急上昇しています。2019年には横浜アリーナで2日間のコンサートを成功させるなど、その勢いは止まりません。メンバーの中でも特に日本語が堪能と評判のミンギュは、グループ内で最も日本語が流暢なのだとか。

おまけ

宮崎麗香 ジェジュンは一時期熱愛報道が出て世間をざわつかせていました。日本語が堪能な韓国アイドル男性も増えており、日本で活躍するモデルやタレントと韓国アイドルとの熱愛はこれからもふえていくかもしれませんね!

最後に

日本で活躍する韓国アイドル男性たちの日本語力は、まさに見事なものです。彼らはただのアイドルに留まらず、言語の壁を乗り越え、日本語を習得することで、文化的な架け橋となっています。彼らの活躍は、今後も多くの人にインスピレーションを与え、日韓の文化交流をさらに深めていくことでしょう。